×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワキガ・多汗症

美容外科パートナーTOP > 美容整形の施術法 > ワキガ・多汗症

剪除法(せん除法)
剪除法は脇の下にある、ニオイの元となるアポクリン汗腺を完全に取り除いてしまうことで、ワキガを根本的に治療します。多汗症治療法のひとつで、ニオイの程度が強い方におすすめです。 剪除法(せん除法)
特徴
  • 再発はほとんどない。
  • 傷痕はシワに隠れるので目立たない。
  • 保険適用で治療可能。
おすすめの美容外科クリニック

わきが 多汗

ボットクス注入
発汗を抑える作用のあるボトックスを脇の下に注入することで、アポクリン腺やエクリン腺といった汗腺の活動を抑制する治療法です。汗の分泌が減ることで、ニオイも軽減できます。効果は6ヵ月〜1年程度で、定期的にボトックスを注入する必要があります。 ボットクス注入
特徴
  • メスを使わずに注射で済む。
  • 治療時間は5〜10分程度。
  • 効果は6ヶ月〜1年程度と長期間持続。