×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊胸・胸の悩み

美容外科パートナーTOP > 美容整形の施術法 > 豊胸・胸の悩み

人工乳腺法
人工乳腺法はインプラントやバック・プロテーゼ挿入法とも呼ばれ、大胸筋または乳腺の下に人工的に作られたバッグ(人工乳腺)を挿入して豊胸するもので、現在主流となっている治療法です。脇の下・乳輪・乳房のいずれかを切開して人工乳腺を挿入し、バストを形成します。バッグの大きさを選べるので、希望の大きさに近づけることができます。人工バックには生理食塩水バッグ・CMCバッグ・シリコンジェルバックなどがあります。 人工乳腺法
特徴
  • 脇の下からバッグを挿入するので、傷痕は目立たない。
  • 人工乳腺には種類があり、体質や好みで選択可能。
  • バッグの大きさを選べるので、希望の大きさに近づけることが可能。
おすすめの美容外科クリニック
脂肪注入法
脂肪注入法は太ももやお腹などから余分な脂肪を吸引し、バストに注入することでバストアップさせる治療法です。プロテーゼなどの人工のものに抵抗がある方に向いています。ウエストをサイズダウンさせたい、太ももやヒップを同時にすっきりさせたいとお考えの方には最適の治療法です。注入した脂肪の一部は定着してバストの一部となりますが、定着しなかった脂肪は自然と体外へ排出されます。 脂肪注入法
特徴
  • 自分の脂肪をバストに注入するので、拒絶反応がない。
  • 傷痕はほとんど残らず、身体への負担も少ない。
  • 脂肪吸引と同時に行うので、痩身効果もある。
おすすめの美容外科クリニック

バスト 整形

陥没乳頭
陥没乳頭は出ているはずの乳首が引っ込んだ状態のことです。そのままにしておくと授乳の妨げになるほか、乳頭や乳腺の炎症の原因になることもあります。見た目の問題以上に、衛生面の問題が深刻です。乳輪部分を切開し、裏から乳首を押し上げて凸型に整えるという治療法で、授乳に必要な乳管を傷つけず、傷痕も目立たないのが特徴です。 陥没乳頭
特徴
  • 局所麻酔をしてから行うので、治療中の痛みは少ない。
  • 乳管や乳腺を傷つけない。
  • 翌日からシャワー可能。
おすすめの美容外科クリニック

豊胸

乳頭縮小
乳頭縮小は大きすぎる乳首を小さく整える治療法です。乳頭の肥大は、先天的な遺伝によるものと、妊娠や授乳によって生じるものがあります。乳首の先端の皮膚をカットして縫いつけ小さくする治療法や、乳首の根元の皮膚をキノコ型にカットして縫いつけ短くする治療法など、形に合わせて様々な治療法があります。 乳頭縮小
特徴
  • サイズだけでなく、乳頭の形を美しく整えられる。
  • 治療部位に防水テープを貼れば当日からシャワー可能。
  • 傷が完全に治った後は授乳にも問題ない。
おすすめの美容外科クリニック

バスト 豊胸

乳房縮小
乳房縮小は乳腺組織や脂肪組織を取り除き、乳房を小さくする治療法です。大きすぎる乳房は垂れたり、肩こりによる頭痛など本人にしかわからない悩みを持っています。体や骨格のバランスに合わせて乳房の余分な皮膚のたるみと脂肪を取り除き、下がった乳腺を引き上げて固定します。希望のバストの大きさを決め、乳輪の周囲を切開して余分な脂肪や皮膚を取り除いた後、ていねいに縫合して終了です。 乳房縮小
特徴
  • 肩こりや頭痛、猫背や下垂などの要因を改善。
  • 傷痕は目立たない。
乳輪縮小
バスト全体から比べて乳輪が大きすぎる、また、授乳やバストの成長とともに乳輪が広がってしまうことを乳輪肥大といいます。乳輪縮小術では、乳房のバランスにあった乳輪のサイズに小さくする治療法です。乳輪外側部分の周囲を丸く切除し、皮膚を縫い縮めます。治療は日帰りででき、乳腺を傷つけないので、授乳時にも影響はありません。 乳輪縮小
特徴
  • 乳腺を傷つけることもなく、授乳にも影響ない。
  • バストに合わせて理想の大きさにすることが可能。
  • 当日からシャワー可能。
おすすめの美容外科クリニック
下垂乳房形成
下垂乳房形成は授乳後や老化により垂れた乳房のたるんだ皮膚を取り除き、バストをリフトアップする治療法です。一般的にバストが大きい人ほど、加齢とともにバストが下垂してしまうことが多いようです。下垂乳房形成では、余分な皮膚を切除してバストを小さく整える、特殊な糸を用いてバストをつり上げるなどの治療法があります。 下垂乳房形成
特徴
  • バストの大きさを変えることなく、たるみだけを取り除いてバストアップすることが可能。
  • 乳輪の大きさが気になる場合は、同時に縮小することも可能。
  • 当日からシャワー可能。
乳頭・乳輪黒ずみ除去
乳首・乳輪の色は人によってピンク・小麦色・茶色などさまざまです。乳頭・乳輪の色はメラニン色素が関係しています。年齢を重ねるごとに肌の新陳代謝が悪くなり、表皮の細胞が入れ替わる時間が長くなります。これによりメラニンが肌に残ってしまい、シミや黒ずみの原因となります。摩擦によっても肌が少しずつ傷つき、メラニンが肌を守ろうとして増えてしまいます。従来のレーザーによる治療はコストがかかる上に、照射跡がかさぶたになりやすいという負担の大きいものでした。最近は高濃度のハイドロキノンとビタミンA誘導体である、トレチノイン酸を使った塗り薬によるケアで改善できます。薬剤が表皮の深い層に働きかけ、メラニン色素を薄くします。 乳頭・乳輪黒ずみ除去
特徴
  • ピンク色のキュートな乳首は女性にはもちろん、異性にも好感度大。
  • 塗り薬なので、自宅で治療可能。
乳房再建
乳房再建は乳ガンの手術によって失われたバストを取り戻す治療法です。乳房再建の治療法は、一般的にインプラント(人工乳腺)を挿入するインプラント法と、自分の背中やお腹から皮膚・皮下脂肪・筋肉を移植する筋皮弁法の2つがあります。また、クリニックによっては自分自身の脂肪を吸引しその脂肪により乳房の再建を行う治療法もあります。 乳房再建
特徴
  • 乳がんの手術でできた傷跡から治療するので、新たな傷はつけない。
  • 治療時間は3〜4時間程度。
  • 痛みは少なく、治療当日に食事が可能。